トイレの水漏れがひどくなる前に検討できるリフォーム

トイレの水漏れがひどくなる前に検討できるリフォーム 家の中でも、特に水回りは大切な場所です。家族がいつも集まる場所でもあり、毎日誰かが使っている空間でもあります。知らないうちに経年劣化を引き起こしているものの、目に見えにくいので使い続けて、水漏れなどのトラブルが発生することがあります。まずは水漏れの原因を正確に知ることが大切です。そのうえで状況に応じて、思い切ったリフォームやトイレの交換といった対応を検討するといいでしょう。


■トイレの水漏れ原因

水漏れには様々な原因があります。例えば、ティッシュペーパーなどトイレットペーパー以外のものを流してしまい、配管が詰まることによって水があふれだしてしまうことがあります。
最もよくあるのは経年劣化です。特に給水管と止水栓の間にあるボルトのパッキンなど、長く使っていると消耗している部位が少なからずあります。この場合は、部品を交換することによって問題が解決するかもしれません。その際には汎用されている一般的な部品か、取り寄せる必要がある部品なのか確認します。特にウォッシュレットタイプは細かい部品が製造中止になっていることもあるので注意が必要です。
長年のよごれやヌメリが排水管の中にたまってしまい、除去できなくなっているという場合もあります。目視できない部分なので判断が難しい部分です。業者によっては、排水部を分解して清掃したり、高圧洗浄などで清掃できることもあります。

トイレの交換を検討する
最近のトイレは水漏れや水つまりの原因を最小限に抑えるための、様々な工夫がされています。例えば、節水タイプは、従来のものより水を流す量が少なく設計されています。しかし水の流れる勢いは強く、トルネード洗浄という渦巻き状に水が流れるようになっています。よごれが毎回落ちるので、つまりの原因が少なくなっています。
便器の設計も簡単にシンプルに変化していて掃除がしやすくなっており、汚れが落ちているかどうか、目視で確認できるようになっています。人が使っていないときに自動で水が流れて洗浄するタイプ、タンクのないタイプもあります。
トイレの寿命は、使用している人数にもよりますが、10年以上使っていて水漏れが時々起こっているのであれば、交換を検討してもいいでしょう。トイレの交換は一括である程度の費用がかかりますが、長い目で見ると節水や節電につながり、お得な場合が多いです。

■リフォームのポイント

トイレのリフォームを検討するなら、いくつかポイントがあります。まず今使っているトイレの問題点を考えましょう。ただ使うのが不便という程度のものなのか、それとも思い切ったリフォームが必要な状況なのかを確認し、今の問題がリフォームによってどのように解決できるか、具体的に考えます。
費用がかかる決断ですので、いくつかの施工店から見積もりを取り、施工を依頼する業者を選定していきます。リフォームを行う前までは、想像することしかできないため、写真などの具体的な資料があると便利です。施工店のホームページなどで、施工前、施工後の写真があるなら参考にすることができます。実際にリフォームをした人の実例、よくある質問といったページも参考になるでしょう。どのような施工でどのくらいの費用がかかったか、具体的な実例を知ることで、自分の家の施工も想像しやすくなります。

■まとめ
水漏れを事前に防ぐためには、どんな使い方をしているかチェックすることが大切です。水漏れの原因になることを避けることも大切ですが、10年以上使っているなら、根本的な解決策として、トイレの交換を検討することも視野に入れましょう。最新の情報を参考にしながら、リフォーム工事に必要な情報を集めていきます。モデルルームへ足を運んだり、ホームページをチェックしたりすることもおすすめです。状況によっては、ホームセンターなどを通して部品を購入し、施工店に施工してもらうという方法もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース